ED(勃起不全)に悩むあなたも安心!

シルデナフィルについて

シルデナフィルクエン酸塩とは

もともとは狭心症の治療薬として開発

1990年代前半シルデナフィルはもともと狭心症の治療薬として研究・開発が始まりました。

第1相臨床試験において、狭心症に対する治療効果はあまり望めず試験の中止を決めることになります。
しかし、被験者が余剰の試験薬を返却するのを渋り、理由を問うた所、僅かであるが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売されることになりました。

1998年にアメリカ合衆国で販売を開始。

発売直後からマスコミやインターネットなどで「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになり話題となったのです。
日本では、米国での市販から間もない同年6月頃より、狭心症を患ってニトログリセリンなどの硝酸塩薬を服用している高齢者らが、個人輸入で入手して性行為を行った直後に、心停止に陥り死亡する事例が数件発生しました。
この為、安全性を図るべく医師の診断・処方箋が必要となる医療用医薬品として、正規販売する運びとなり、厚生省は併用禁忌による副作用死(薬害)抑止の観点もあり、日本国内での臨床試験を実施せず、米国の承認データを用いるスピード審査を敢行し、1999年1月25日に製造承認、3月23日よりファイザーから医療機関向けに販売されました。

シルデナフィルは他の薬物と併用しても大丈夫?

シルデナフィル(商品名:バイアグラ)と併用禁忌の薬物は

一硝酸イソソルビド、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニトロプルシドナトリウム、ニトログリセリン、ニコランジル、ニプラジロールです。
医師と患者さんの間では、現在使用している薬物などについて聴取がなされなければなりません。
これは、シルデナフィル(商品名:バイアグラ)に限らず、すべての病気の診療においても共通していえることでしょう。

シルデナフィルは他にどのような効果があるの?

シルデナフィルその他の心血管系作用と副作用

シルデナフィルは陰茎に限らず脳を介した血管拡張を促進する作用がある事から、現在種々の疾患に対する適応が研究されています。
その例としては、慢性心不全や肺高血圧症、開心術中・術後、急性肺傷害などがあります。
また、シルデナフィルは、心臓病の治療に用いるニトログリセリン等の硝酸塩系薬剤と同様のものであるため、副作用として血圧の急激かつ大幅な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす狭心などがあらわれることがあります。
特に服用時に狭心発作に見舞われ、救急病院に搬送された際、服用者が同薬使用を告げずに硝酸塩系薬剤を投与され、症状が悪化するケースもあるのです。
「滋養強壮」「精力強壮」を謳った健康食品・サプリメントの中にも、シルデナフィルを含む物もあり、厚生労働省が注意喚起しています。

↑ PAGE TOP