ジェネリック医薬品とは…

新薬と同じ有効成分・効き目が期待できる後発医薬品

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは 新薬の特許期間が満了後、厚生労働省の承認を得て製造・販売される薬のことです。
ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分・同等の効き目、また安全性が確立した後に作られているので、開発に要する時間も費用も少なく、新薬に比べて安価に製造することができます。
中には新薬の半額以下で済むものもあり、患者さん個人の医療費負担を抑えることができ、さらには国全体の医療費削減にも大きく貢献することが期待されています。
現在では、薬剤師さんと相談することで、ジェネリック医薬品へ変更することも可能です。
医薬品には、商品名の他に有効成分名を示す一般名(generic name)があります。
一般名は、世界保健機関WHOに登録されている世界共通の名称です。
欧米では後発医薬品の処方が一般名で行われることが多いため、日本でもジェネリック医薬品(generic name drug)と呼ぶようになりました。

後発医薬品について…

バイアグラの後発医薬品が合法に!

シルデナフィルに関して、ファイザーが有する特許のうち、日本国内におけるシルデナフィルとしての物質特許は、2013年5月17日に満了、勃起不全治療薬バイアグラとしての用途特許は、2014年5月13日に満了しました。
その為、バイアグラの後発医薬品(ジェネリック医薬品)の発売が日本でも合法となり、2014年5月には東和薬品から日本初のジェネリックがOD錠で発売され、その後10社以上から、一般成分名製剤『シルデナフィル錠25mgVI「会社名」』『シルデナフィル錠50mgVI「会社名」』の販売名で発売されています。

バイアグラジェネリックとは…

バイアグラと有効成分が同じ!

バイアグラのジェネリックとは、バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルを使用したED(勃起不全)治療薬のことをいいます。
2014年にシルデナフィルの特許が切れたことから、最近では各製薬会社が発売・流通しています。
新薬を開発するコストが抑えられるため、国としても医療費予算削減の効果があり、購入者としても価格が抑えられる医薬品となっております。

↑ PAGE TOP