ED(勃起不全)に悩むあなたも安心!

コピー版バイアグラについて

コピー版バイアグラとは?

バイアグラでもジェネリックでもない医薬品

インドのajanta社が製造しているカマグラ、RANBAXY社のカベルタ、Zydus Alidac社のペネグラを始め、成分がバイアグラと同等とされる薬品も発売されています。
一般的に医薬品に関する特許には「成分特許」と「製法特許」の2種類がありますが、インドでは「製法特許」だけ認めているため、成分が全く同じ化合物であっても製法が違っていれば合法的に薬品を製造販売することが可能です。
そのためインドでは多くのコピー薬品が作られ正規の薬品よりも安価で販売されています。

コピー薬の効果はほとんどバイアグラと同じですが、価格は概ね6分の1ほどになります。
これらもバイアグラ同様に個人代行輸入業者が取り扱っており、個人的に使用する目的で輸入することは合法になっています。
なお、これらのコピー薬は後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは別の医薬品となります。

成分特許を認める国においてはシルデナフィル自体の成分特許が有効であり、コピー薬を日本に輸入・販売することは「特許発明の実施」とみなされ、特許法に反する。
日本国内での転売は薬事法による取締りの対象ともなるのです。
インドなどで合法的に製造されている薬とは別に、ファイザー社のバイアグラに似せた偽造品(「Pfizer」「VGR 100」などと書かれた青色の錠剤)も出回っています。
シルデナフィル含有量や製造過程での衛生管理・品質管理に問題のあるものも多いので注意しましょう。

カマグラとはいったい?

カマグラとは、インドのムンバイに本拠を構えるアジャンタ・ファーマ社(Ajanta Pharma Limited.)という製薬会社が製造及び販売しているバイアグラのコピー品です。

種類はインド国内用で発売されている「カマグラゴールド」と輸出用の「カマグラ」の2種類が存在しており、有効成分はどちらもバイアグラと同じシルデナフィルです。
特徴としてバイアグラとは違い種類(剤形)の豊富さです。経口投与の錠剤タイプの他に以下の3タイプがあります。

コップ1杯の水に錠剤を入れて溶かして飲む発泡剤タイプのKAMAGRA Effervecent、ゼリー状になっていてライチ、グアバ、キャラメル、ラズベリー、キウィ、いちじく、グリーンアップル、の7種類のフルーツ味があるKAMAGRA Oral Jelly、 口の中で溶かす、もしくは噛んで服用するタイプのKAMAGURA 100mg Chewable。

カマグラとカマグラゴールドの違いはなく若干の名称が違うだけですが、発泡剤タイプ、ゼリータイプ、チュアブルタイプは味や飲み方が違う他、体内に吸収する速度が違うので効果に違いもあるようです。

↑ PAGE TOP